キミの笑顔

coco1ro.exblog.jp ブログトップ

「幸せ」

「幸せ」
それぞれ「幸せ」のカタチは違うケド・・・

下の下に書いたお友達わんこ
それでも「幸せ」なんだろーか?
「幸せ」なんだろー




cocoの散歩道にcocoと同い年くらいの同じ犬種(ワイアーフォックステリア)の男の子がいます。
彼と出逢ったのはカレコレ8年くらい前deしょうか
新しく立った新築
玄関前には広い芝生のお庭
彼はその玄関前の広い芝生のお庭に繋がれて飼われています。(2~3Mのワイヤーリードに繋げれて)
cocoと同じ犬種に逢う事は珍しく、しかもこんな近くde
飼い主さんと当時1回だけお話をしました(まだ人間の子が生まれる前にご主人と)

それから朝夕の散歩de柵越しに彼とご挨拶をしていました。
彼はとてもきれいにトリミングされていましたが
いつの日か白い毛が茶色に
すっきり短めに刈られた毛はもしゃもしゃ羊毛に(体質によって直毛とくるりん毛に分かれます=cocoも伸びると羊に変身します^^;)

それでも夏の季節はお庭deバーベキューをする姿を拝見したり
かぁちゃん憧れていました=家族みんなdeお庭バーベキュー
(かぁちゃんちはマンションの4Fなのde無理ですけどねーーー^^;)

それから数年
彼の笑顔が消えてました。
人間の子が生まれたようです。
それからまた数年
目やにが化石のようにこびり付いています。
彼を見るたび、その化石と化した目やにをとってあげたくて止みません。
なんで取ってあげないのでしょう?
いや、とってあげているのでしょう(と、思いたい)
目の病気かなっ?目薬付けてるのかなぁーと心配しては柵越しに声をかけています。

夏の暑い日、冬の雪降る日・・雷の日だって豪雨の日だって
玄関前の広い芝生に繋がれている彼

「幸せ」ですか?
と彼に聞きません。

今日も逢えたね^^
今日も頑張っているね^^
と、数分見せる笑顔に今日も「ありがとう」と彼に言います。

彼とcocoは同じ犬種de同じ男の子
ガウガウするかと思いきや
お互い鼻鳴きをして柵越しに今日も逢えたねってお話しています。

うまく言葉にできないケド
それでもわんこは「幸せ」と想うのdeしょうか・・・




roro
roroは飼い主持ち込みの子でした。
毛はモジャモジャde
爪は伸び切り巻いてました(センターレポートの写真から)
3キロとやせ細っていました。(うちに来てからMax6.4キロまで増えました)
飼い主は老人施設に入る為飼えなくなりセンターに持ち込んだそうです(副代表からのお話)
そして
roroには2わんの子供たちがおり一緒に持ち込みされました。
roroの子供たちはすぐに譲渡されてそうです(千葉東葛飾支所)

roroの子たちはみんな「幸せ」ですよね?
ずっとずっと言えなかったケド・・・
roroの子供たちに逢いたいデス!
あなたたちのママはとっても立派なママだったと伝えたいデス。

どなたか2012年4月初めか3月終わりに東葛飾支所からMシュナを譲渡された情報をお持ちの方はいませんか?


「幸せの笑顔」に逢いたいです。




キミの笑顔^^
[PR]
by rocomoo | 2016-04-10 08:37 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://coco1ro.exblog.jp/tb/22701042
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

cocororoguguと時々娘たち・・・


by mococo
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite